HIV検査と薬の併用

HIV検査キット服用中の薬のために、抗体ができるのが遅くなるのではないかと気にするケースもまま見られますが、骨髄移植などのために強力な免疫抑制剤使用している場合以外、そうした心配はありません。したがって、ステロイド剤を使用中でも問題はありません。感染機会があってから3か月後にHIV検査をして、陰性だったら感染はなかったと判断できます。HIVウィルスへの抗体ができるまでの期間はケースバイケースで、一か月後に陽性となる場合もあります。一刻も早く検査結果を知るには、採血から数十分後に結果がわかる保健所で検査を受けることです。そうした保健所は非常に多いです。近隣にない場合は、遠くの保健所で検査を受けても、足を運ぶのは一度きりですから、そう手間はかかりません。抗体を調べるのではなく、HIVウィルスそのものの有無を調べる方法もあります。この検査なら、感染日から11日後に診断できます。この検査方法を用いているのは、大都市のごく少数の病院だけですが、少しでも早く治療を始めるのが理想ですから、遠方からでも足を運ぶ価値はあるでしょう。エイズということばが周知されるようになったのは、30年ほど前ですが、当時は致命的な病でした。HIVに感染することは、十数年後の死を意味していました。しかし、医学の目覚ましい進歩で、わずか30年の間に、HIVは死に至る病ではなくなり、完治はしないまでも、普通に暮らして天寿をまっとうできるまでになりました。他の病気に比べたら、飛躍的な進歩がなされたと言えるでしょう。しかし、検査を受けて早期に治療を開始しないことには、せっかくの医学の進歩を有効活用できなくなります。放置していれば、死に至る病であることに変わりはありません。

都会でのHIV検査率

HIV検査キットの中身日本は、性感染症にかかる患者が増えています。若い世代の感染者の増加は、社会問題にもなっています。性感染症の患者の中には、高校生も含まれています。学校や家庭で注意しても、インターネットの普及により、不特定多数の異性と関係を持つことが簡単になっています。性感染症に関する知識がない場合、自覚症状がないまま感染を広げてしまうことも少なくないです。性感染症には、様々な種類があり、治療方法も異なります。HIV感染症は、性感染症の中でも恐れられている感染症です。HIVとは、ヒト免疫不全ウイルスで、HIVに感染するとHIV感染症を発症します。免疫細胞に感染すると、免疫細胞が減るため、様々な病気にかかりやすくなります。代表的な23の疾患を発症すると、エイズと診断されることになります。HIV感染は、性行為による感染が最も多く、特に男性の同性間セックスでは、感染リスクが高くなっています。HIV感染を防ぐためには、コンドームを使うことが大切です。HIVに感染したかどうかを調べるためには、HIV検査を受ける必要があります。現在、HIV検査は、日本全国の保健所で無料で受けることができます。都会のHIV検査率は、地方に比べると高いです。匿名を希望する場合は、匿名でも検査を受けることが可能です。検査には、通常検査と即日検査があります。エイズ発症前にHIV感染を知ることで、早めに適切な治療を受けることができます。HIVを完全に治す治療法は、未だにありません。しかし、抗HIV薬によってウイルスの増殖を抑えることはできます。ウイルスの増殖を抑えてエイズの発症を防ぐことができれば、健康な人と変わらない普通の生活を送ることが可能です。日本には、医療費を軽減できる様々な制度があります。制度を利用すれば、経済的な負担が少なくなります。

HIV関係の記事