HIV検査キットの検査精度は大丈夫?

HIV検査キットの精度を気にする女性HIV検査キットでHIV検査をする方法は、完全な匿名性が守られるため、利用する人は多く、増え続けています。HIV検査キットの中には輸入品もありますが、できれば国産品を使ったほうがいいでしょう。輸入品の場合、精度を担保するのが国産品より難しいからです。精度を調べるのも、国産品より難しくなります。値段は国産品よりも安いですが、精度への信頼性を確かめやすい、国産品にしたほうが無難でしょう。たとえバイリンガルで、外国語を日本語と同じように操れる場合でも、一番ニュアンスのわかりやすい言葉で表記がなされているものを選ぶのが好ましいでしょう。国産品の場合、検査自体をおこなうのは登録衛生検査所で、保健所や病院もそこに検査を委託する場合があるわけですから、信頼性に特に問題はないようです。国産のHIV検査キットを使った場合は、すべてが、登録衛生検査所で検査されます。それゆえ、検査の精度はどこも同じということになります。その後、検査結果はウェブ上で確認することとなります。次には、検査結果が取り違えられることなく、正しく入力されるか、ということが問題となります。保健所でも過去に、検査結果の取り違えということは起きています。HIV検査キットで2回調べて陰性なら安心という方法を試みることもできますが、HIV検査キットは有料で、それほど安いわけでもないことから、できたらより信頼性の高い会社を使い、1度の検査で安心したいものです。そのためには、より歴史があり、累積検査数の多い会社を選ぶというのもひとつの方法です。それまで膨大な数を取り扱ってきて、検査結果の取り違えがまったく起きなかったという事実が確認できるからです。

HIV関係の記事